f-ism.net ログインはこちら

Gzブレイン ゲーム市場マーケティングサービス

f-ism report

JOGAオンラインゲーム市場調査レポート2018

商品名 JOGAオンラインゲーム市場調査レポート2018
調査 一般社団法人 日本オンラインゲーム協会
発売日 2018/07/11
価格 30,000円 [送料込/税抜]
商品形態 PDFファイル
  • ご請求書同封による決済(法人のみ)でご購入

  • ※ご請求書によるお支払いの場合、メールでのお申し込みとなります

  • クレジットカード・代引きによる決済でご購入
  • ※ご購入の際は、「ご購入」ボタンからご注文ください。メールによるご注文の場合は、社名・部署名・ご担当者名・住所・電話番号をご記入ください。法人様からのご注文のみ、ご請求書同封の発送に対応しております。詳細はお問い合わせください。

    ※「ご購入」ボタンからメールが送れない場合は、 f-ism@ml.enterbrain.co.jp 宛に上記の内容をお書き添えのうえ、お申し込みください。

    ※商品のお届けについて:
    ご注文をいただいた商品は、PDFファイルをCD-ROMに収録し、通常ご注文から2〜5営業日前後でお客様へお届けいたします。但しお客様が離島にお住まいの場合、自然災害、その他の突発的な事象の発生による交通事情の悪化のあった場合、在庫切れの場合、弊社標準書式以外のご請求書以外の書類をご希望の場合、お客様のご注文が一時的に集中した場合は、お届けが遅れる場合があります。ご了承ください。また、商品が急ぎ必要な場合、別途ご相談いただけますと幸いです。

■ レポート概要

    2018年 国内オンラインゲーム市場調査データ最新版が登場

     

     本調査は、2004年にオンラインゲームフォーラムが行った国内オンラインゲーム市場の統計調査が始まりです。一般社団法人日本オンラインゲーム協会(以下、JOGA)が調査を引き継ぎ、今回で14回目となります。

     オンラインゲームをプレイできるデバイスを、パソコン(以下、PC)、スマートフォン&タブレット、フィーチャーフォン(ガラケー)と、デバイスごとに分類し、調査を実施しています。各デバイスの市場動向からオンラインゲームビジネス全体の動向を相対的に把握できるように情報収集に努めました。

     スマートフォンとタブレットは、売り上げのほとんどを占めるタイトルのプラットフォームが共通なので、とりまとめてレポートしました。

     オンラインゲームの定義や関連用語は、デバイス別のゲーム業界やマスコミ等により多様に用いられている状況があります。これらを考慮し、本調査では、オンラインゲームビジネス全貌をより正確に把握するため、レポート作成に際してオンラインゲーム関連用語を定義しました。

     今回は、第1章の「オンラインゲームビジネスについて」に関して、総括をオンラインゲーム研究に定評のある慶應義塾大学経済学部准教授の田中辰雄氏、国際大学 GLOCOM 講師・主任研究員の山口真一氏にお願いしています。



■ 本レポート目次

    第1章◆オンラインゲームビジネスについて

     

    1. ゲームサービスタイトルについて

     

    (1) 2017 年のサービスタイトル数と年次推移 〜PC/コンソール〜

    (2) デバイス別サービスタイトル数の推移 〜PC/コンソール〜

    (3) サービス終了タイトル数の推移 〜PC〜

     

    2. ゲームサービス事業について

     

    (1) ゲーム1タイトルあたりの平均ゲーム運営スタッフ数

    (2) ゲーム1タイトルあたりの平均アップデート期間

    (3) ゲーム1タイトルあたりの月平均運営サービス関連コスト

    (4) ゲーム1タイトルあたりの平均開発費

    (5) ゲーム1タイトルあたりの平均開発期間

    (6) ゲーム1タイトルあたりの年間平均広告宣伝費

    (7) ゲーム会社1社あたりの年間平均広告宣伝費

    (8) ゲームの集客に効果があったと思う広告、プロモーション

    (9) 自社タイトルユーザーを対象としたeスポーツ(ゲーム競技)イベントについて

    (10) ゲームサービス事業のために研究開発を行っている新技術

     

    3. ゲームサービス売上について

     

    (1) 年齢層ごとのゲームユーザーの課金率について

    (2) 年齢層ごとのゲームユーザーの平均課金額について

    (3) ゲームユーザーの課金額について ARPU

    (4) ゲームユーザーの課金額について ARPPU

    (5) オンラインゲーム売上:PC/コンソール|オンラインゲーム売上:スマートフォン&タブレット|オンラインゲーム売上:フィーチャーフォン

    (6) 国内オンラインゲーム市場規模

    (7) IP(アニメ、マンガ等)とのコラボによるゲーム運営サービス売上

    (8) ゲームタイトルの海外輸出(ライセンスアウト)国

    (9) ゲームタイトルの海外輸出(ライセンスアウト)売上

    (10) 国内で海外向けにサービスしているゲーム運営サービス売上

    (11) 海外拠点におけるゲーム運営サービス売上

    (12) オンラインゲームの海外総売上

     

    総括

     

    山口 真一(国際大学 GLOCOM 講師・主任研究員)

    田中 辰雄(慶應義塾大学 経済学部 准教授)

     

    第2章◆オンラインゲームユーザーについて

     

    1. 汎用デバイスユーザー全体について

    (1) 汎用デバイスゲームユーザーの分布状況

    (2) 昨年からの変化

    (3) ゲームプレイ時間

    (4) ゲームをする場所・シーン

    (5) よく遊ぶジャンル

    (6) 「基本プレイ無料」 タイトルに対する課金状況

    (7) 課金のきっかけ、動機

    (8) 新しいゲームを遊ぶきっかけ

    (9) 利用しているメディア

    (10) eスポーツの認知・参加状況

     

    2.PCゲームユーザーについて

    (1) ゲーム利用しているPCの種類

    (2) ゲーム利用PCのCPU

    (3) グラフィックボードの利用状況

    (4) ゲーム利用PCのメモリ容量

    (5) ゲーム利用PCの記憶媒体

    (6) ゲームプレイ時のネットワーク回線

    (7) プレイすることがあるゲームのタイプ

    (8) ゲームをプレイする場所

    (9) マルチプレイ状況

    (10) オンラインマルチプレイの相手

    (11) 好きなオンラインマルチプレイのスタイル

     

    • eb-i Xpress

      eb-i Xpress

      エンタメ大規模ユーザー調査レポート
      映画、テレビ、ゲーム、コミックなどエンターテイメントジャンルの最新消費者動向を、独自のユーザー調査から読み解き、お届けする新しいサービスです。
    •  

    f-ism Piccolo

    f-ism Piccolo

    エクセルデータによる最速市場レポート
    ゲーム業界すべての人に送る最速市場レポート。約3,600店舗の協力店から集計した最新の市場状況をエクセルデータにして、毎週お届けします!
  • ファミ通ゲーム白書

    ファミ通ゲーム白書

    国内外のゲーム市場を網羅した白書
    国内はもとより海外のゲーム市場データも掲載。エンターテイメント関係の最新動向も網羅。さらなる広がりを見せるゲーム市場の現状を分析するのに欠かせない、定番のデータ年鑑!
  • ビジネスファミ通刊行物のご案内

    ビジネスファミ通(書籍)

    エンターブレインが送るビジネス書
    ネットインフラやグローバル化に伴い、エンターテイメントも日々発展・変容しています。「今何が起こっているのか、これからどうなっていくのか、その本質は何か」といった知見・見通しをビジネス書の形で提供致します。
  • f-ism report[PDF販売]

    f-ism report[PDF販売]

    ゲーム市場調査・リサーチレポート
    国内外のゲーム、携帯電話、次世代DVDなど、各分野における最新状況、ユーザー動向、ビジネスソリューションなどを盛り込んだ市場調査書シリーズ。
  • 総合ビジネスサポート
    コンサルティングサービス

    日米欧の3大マーケットから新興市場のデータまで網羅し、ゲーム開発から販売戦略まで多面的・総合的にクライアント企業様のあらゆるニーズに迅速・的確にお応えするコンサルティングサービス