f-ism.net ログインはこちら

Gzブレイン ゲーム市場マーケティングサービス

brain on the entertainment Books

海外ゲームビジネス2010年 市場予測と利益の出し方

商品名 海外ゲームビジネス2010年 市場予測と利益の出し方
原題 INTERNATIONAL DEVELOPMENT GROUP (IDG)
発売日 2007/09/07
価格 29,800円 [送料込/税抜]
  • ご購入

■ 本書の特徴

     ゲームビジネスは国内だけでの採算を考えていた時代から、ここ何年もは海外市場を視野に入れて開発する時代になっています。しかし、特に最近は、国内のWii好調に対し、北米ではXboxの好調と開発の中心をどこにすえるべきか非常に難しい問題となっています。さらにゲーム内広告による収益、オンラインやダウンロードによる付加価値への対応の問題、マーケティングにおけるメディア選定の複雑さ、市場の次世代機に対する浮動的な行動から、全体のコスト計画は、過去に例がないほど非常に見極めにくくなっています。

     このレポートは、デジタル関係のマーケティングで定評のあるIDGが、北米のゲームのあらゆるコストを鑑み、あらゆるコストと価格設定からリクープの予想を独自の調査した指標でモデル化している点で画期的な内容となっています。例えば、マルチプラットフォームを視野に入れてコストがアップした場合に、広告投入、価格を高めに設定したときのリクープ本数と市場性からその可能性をも推測したりすることが可能です。逆の設定などあらゆる要素を想定して、納得のいく予算組みを見つけるためのレポートです。特に北米の市場を視野に入れているゲームメーカーにとって、説得力のある調査資料となっています。

■ 詳細目次

    ・新世代ゲーム機が起こした北米ゲーム産業への影響
    ・新世代ゲーム機が起こしたゲーム産業への圧力
    ・同一作品の複数バージョンによるSKU展開数の変化
    ・小売店における陳列スペース確保の変化
    ・消費動向の変化
    ・ゲーム業界全体で見た採算ラインと収益性
    ・米国家庭用ゲームソフトの順位別販売別販売本数とシェア
    ・米国携帯ゲーム機ソフトの順位別販売別販売本数とシェア
    ・開発計画へ大きく影響する業界動向予測
    ・米国および欧州2010年までのハード販売台数予測
    ・採算ライン分析
    ・家庭用ゲームソフトの損益分岐点(開発予算・価格設定・販売数)
    ・投資収益率(販売本数に対する開発予算)
    ・ビジネスモデル例
    (開発費、対象機種等のパラメータをいろいろなパターンを想定した表を一挙公開)
  • f-ism Piccolo

    f-ism Piccolo

    エクセルデータによる最速市場レポート
    ゲーム業界すべての人に送る最速市場レポート。約3,600店舗の協力店から集計した最新の市場状況をエクセルデータにして、毎週お届けします!
  • ファミ通ゲーム白書2010

    ファミ通ゲーム白書2010

    国内外のゲーム市場を網羅した白書
    注目のSNSアプリをはじめ、携帯電話やiPhone、オンラインゲームなど、領域を広げて進化するゲーム産業の全てをカバーしています。
  • brain on the entertainment Books

    brain on the entertainment Books

    エンターテイメント業界のブレイン
    ネットインフラやグローバル化に伴い、エンターテイメントも日々発展・変容しています。そんなエンターテイメントの業界に身を置く方、関わる方、ご興味のある方へ向けて、「今何が起こっているのか、これからどうなっていくのか、その本質は何か」といった知見・見通しをビジネス書の形で提供致します。
  • f-ism report[PDF販売]

    f-ism report[PDF販売]

    ゲーム市場調査・リサーチレポート
    国内外のゲーム、携帯電話、次世代DVDなど、各分野における最新状況、ユーザー動向、ビジネスソリューションなどを盛り込んだ市場調査書シリーズ。
  • 総合ビジネスサポート
    コンサルティングサービス

    総合ビジネスサポート コンサルティングサービス

    日米欧の3大マーケットから新興市場のデータまで網羅し、ゲーム開発から販売戦略まで多面的・総合的にクライアント企業様のあらゆるニーズに迅速・的確にお応えするコンサルティングサービス