f-ism.net ログインはこちら

Gzブレイン ゲーム市場マーケティングサービス

brain on the entertainment Books

中国 2008年の家庭用ゲーム機市場:プラットフォームメーカーの現状と分析

商品名 中国 2008年の家庭用ゲーム機市場:プラットフォームメーカーの現状と分析
原題 Console Market: Nintendo, Sony, and Microsoft in China
調査 Pearl Research
発売日 2008/08/11
価格 PDF版:200,000円 [送料込/税抜]
簡易冊子版:100,000円 [送料込/税抜]
本商品は、一部を除き英語でのご提供とさせていただきます。
  • ご購入

■ 本書の特徴

     人民元が堅調に推移し、若年層の所得水準が上昇を見せる中国。今後は、家庭用ゲーム市場も成長を始めるものと期待されています。本レポートは、北京での小売調査、およびユーザー調査により、最新の中国家庭用ゲーム市場のキーポイントを浮き彫りにします。さらに、店舗当たりのハード販売台数、小売店経営者を対象にした聞き取り調査、マイクロソフト・ソニー・任天堂プラットフォームの勢力比較分析などの各種データを収録しています。

■ 詳細目次

    P1. 分析方法について

    P3. 要旨および摘要

    P4. 販売数比較

    P5. キーポイント

    P7. PS2:ソフトの充実・高いブランド認知度・低い本体価格で中国の主流プラットフォームに
    P7. 任天堂:成長発展の鍵〜中国における過去の歴史と「肯定的な口コミ」
    P8. Xbox:中国における課題〜オンラインサービス・マーケティングの欠如
    P9. コンソールゲーム市場の原動力:中流・上流階級に属する都市部在住の若年層
    P10. 著作権侵害問題:コンソールゲーム市場の成長を妨げる著作権侵害の蔓延

    P12. 市場促進要因
    P12. ユーザー意識
    P12. 上昇する所得水準
    P12. 魅力的なソフトと革新的なゲーム

    P13. 市場阻害要因
    P13. 政府規制
    P13. 高額な小売価格
    P13. ソフト著作権侵害問題
    P13. PCゲームとの競合
  • f-ism Piccolo

    f-ism Piccolo

    エクセルデータによる最速市場レポート
    ゲーム業界すべての人に送る最速市場レポート。約3,600店舗の協力店から集計した最新の市場状況をエクセルデータにして、毎週お届けします!
  • ファミ通ゲーム白書2010

    ファミ通ゲーム白書2010

    国内外のゲーム市場を網羅した白書
    注目のSNSアプリをはじめ、携帯電話やiPhone、オンラインゲームなど、領域を広げて進化するゲーム産業の全てをカバーしています。
  • brain on the entertainment Books

    brain on the entertainment Books

    エンターテイメント業界のブレイン
    ネットインフラやグローバル化に伴い、エンターテイメントも日々発展・変容しています。そんなエンターテイメントの業界に身を置く方、関わる方、ご興味のある方へ向けて、「今何が起こっているのか、これからどうなっていくのか、その本質は何か」といった知見・見通しをビジネス書の形で提供致します。
  • f-ism report[PDF販売]

    f-ism report[PDF販売]

    ゲーム市場調査・リサーチレポート
    国内外のゲーム、携帯電話、次世代DVDなど、各分野における最新状況、ユーザー動向、ビジネスソリューションなどを盛り込んだ市場調査書シリーズ。
  • 総合ビジネスサポート
    コンサルティングサービス

    総合ビジネスサポート コンサルティングサービス

    日米欧の3大マーケットから新興市場のデータまで網羅し、ゲーム開発から販売戦略まで多面的・総合的にクライアント企業様のあらゆるニーズに迅速・的確にお応えするコンサルティングサービス